mafunaの日記

2007-01-01結/決

今日は「け」。ナ~イスタイミング

 2006年が終わり、2007年がやってまいりましたね。昨日はお世話になっている劇団演劇ユニットムゲン88」のメンバー方と共に「親不孝年越し大会2006in大木家」に参加し、自分が3月にお手伝いさせていただいた芝居や8月に出演させていただいた芝居のDVDなどを鑑賞しておりました。

 2006年は、「激動すんのもいい加減にしなさい」という年でしたな。演劇再開して演劇に浸かっちゃって仕事辞めて再就職してまた辞めて演出やって秋ぐらいまで演劇予定獲得して。あ、日雇いじゃないバイトも決まりましたそういえばwその中で、人に迷惑をかけたり己の未熟さを痛感したりで自己嫌悪の質も量も過去最悪でした。

 けど、2006年ほど、素晴らしい人に出会えた年もなかった。それに、自分にはこんなに側にいてくれる人がいたことを痛感した年もなかった。

 だから、とっても幸せな年でしたよ、2006年☆☆皆さまのおかげです!

 よって、2007年の決意は「恩返しできるぐらい役に立つ人材になること」。演劇の基礎をしっかり身に付けるためにワークショップなんかにも積極的に参加すること。ぶっちゃけ今まではキャラテンションだけでどうにかしてきてしまってたので…あと、写真写りの良い人間になりたいです。ていうか美しい人になりたいです。

 本日未明。妙なテンションのまま瀬良さん、ちあきちゃん、eyecoちゃん、ヤスくんと行った初詣でひいたおみくじ、なんと大吉でした。この「大吉」、有効に活かして私の側にいてくれる方たちにとっても「大吉」な年にしていこうと思います。

 明けまして、おめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。

       mafuna

2006-12-17

今日日記、うまくまとめられる自信がありません。いつものことですが読み苦しかったら申し訳ない…超長いし。

 『センセイ僕死にたくないよ宇宙の果て こんな無様な姿で 楽勝に思えたコトさえ 何一つできずに終わるんだ

 誰か私死にたくないよ世界の中 こんなツマンナイとこで

大切に思えたコトさえ 何一つ守れず終わるんだ』

 数年前、初めて聴いて鳥肌が経った、ネクラポップというバンドの「人間の屑」という歌の歌詞。歌詞検索で見つからなかったからもしかしたら間違ってるかもしれないけど…

 

 今までは、あんまりキツイ言葉も場面も使わずに生き死にを想う作品を書いてきました(フジツボ以外にも書いてるんですよw)。でも、そろそろ…人の胸倉摑んで、「これが『死ぬ』ってことなんだよ!生きるのなんか醜くて当たり前だ畜生!」と食いかかるような作品を書きたいと思う今日この頃です。

 

 私ね。人間なんか大嫌いなんですよ。己も含めて。驚かれるでしょうが、特に動物好きでもないです。たまに、鳥だの猫だのを「…美しいものだな」としげしげと眺めることはありますけどね。生態系の一環である者として、同じ一環の中にいる他者に対し必要なだけの敬意を払うべき、と考えているだけで好きなのとは違います。払えてませんけどね。でも、好きな人も沢山いれば好きな動物もいる。クックルは妹だから、好き。

 「人間なんか大嫌い」と公言しちゃうぐらいだから、私が 「この人(動物)を大切にしたい、守りたい」と思う範囲は恐ろしく狭い。異国で起こってるテロだの戦争だのなんて、自分の周りに振りかからなければぶっちゃけどうでもいいわけで。でも、それでも戦争映画とかを見て怖くなるのは自分の周りで起りえないとは言い切れないからでしょう。

 「大切にしたい」と思う範囲なんか極小でいいんですよ、多分。でも、その極小の「大切なもの」を失うかもしれない、という恐怖を、私はいろんな人に思い知らせたい。その恐怖想像して、一人ひとりがその極小を守るのに必死こくようになれば、それはそれで、きっと、ね。そのために、すごく、意地悪に意地悪に人を追い詰める物語も書けるようになりたい。

 うむ。もう少し腹黒になってみようかしら…これ以上?ww

なんて。偉そうなこと言ってるけど身近な人を、きちんと大切にはできていないです私も。…ごめんね。

2006-12-13Wink Killer★

 演劇人にとってはメジャーな、コミュニケーションゲーム(?)の1つ。鬼にウィンクされた人は五秒後に死亡。遺された人は己の観察力や注意力で犯人を当てる一方、犯人は渾身の演技力とタイミングでバレるのを避けるといういものです。

や…やってみたいっ…!

まず名前にそそられる。

どのくらいそそられるかというと、こんなタイトル物語を書きたいと思うくらいに。

 今日白山の方で活動なさっている劇団野菜食べてる?」にお邪魔し、そちらの主菜さまに初めてルールをきいてきた次第です。噂には聞いてましたが。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 さて。「ウィンク」に関して、とても素敵なセリフがある。映画「アイ・ロボット」で主人公アンドロイド(?)にウィンクという行為の意味について尋ねられた時、主人公がちょっと首をひねってからいうセリフ

 「俺を信じろ、かな?」

     素敵!

 うん、素敵なウィンクのできる女性になりたいね。

「大丈夫。私を信じて。」って人に力を与えられるようになりたい。どうか。

 さて。本日話題のゲームウィンクキラー」に至っては、「俺を信じろ」とか言ってるにも関わらず殺害していますね。なんなんだ。そういうところに余計なロマンを想ってしまうあたりが、多分素敵なウィンクができない要因なんだと思う夜でした。

2006-11-28ありがとうございました

フジツボホイホイ、無事終了いたしました。今この日記は、二次会終了後にねぎっちゃん、かーりーとなだれ込んだネカフェで書いています。

 打ち上げの一次会会場にて。居並ぶメンバーを見渡して思いました。私は、本当に守られて、育まれたのだと。これまで必要以上に怯えていたのだと。そして、これからは何も卑屈になることなく歩めると。

 そして何より、これだけの底力を持った「ヒト」という生き物に、生きてくれというメッセージを放つことができてよかった。


ヤスくんヤスくんには本当に勇気づけられたよ。作っている間も、今後についても。「おまえは、続けろよ」と言ってくれたこと、死ぬほど嬉しかった。私、芝居続けるね。こっちで待ってるから。

林檎さん。後半、数知れぬフォローありがとうございます。役者の気持ちをまとめてくださいましたね…藤本フジモトをとても大きな女性にしてくださいました。

関口さん。私が腐ってた頃、沢山の愚痴を受け止めてくれてありがとう。あれがなければ私は潰れていました。

かーりー。君には、なんだか人間としてのものを色々教わったよ。

ぎっちゃん。君の支えの大きさたるや、なんかもう言葉にできない。どこまでもどこまでも、私に寄り添っていてくれたね。

やすえさん。君もだ。細々した配慮もありがたかった。私がぎりぎりのところで体調を崩さずにいられたのは君のおかげだ。

盛留さん。頭が上がりません。さしあたり、こき使ってください。

かっぺさん。同じく頭が上がりません。さらには目を見て話すのすらもう(泣)。役者云々よりまず人として成長し、芝居続けます。その中でどうか、少しでも恩返しができますように…。

TMさん。やっぱり頭が上がりません。さしあたりテクテクにはがっちり参上させていただきます。TTMさんの曲、本当に好きです。以前の日記にも書きましたが、この作品に翼を与えてくれたのはTTMさんの曲です。

瀬良さん。しつこいようですが頭が上がりません。仕込みは瀬良さんの力なくしてはあそこまでスムーズに行きませんでいた。

関。厳しくもやさしい意見の数々、舌を巻くようなアイディアなどありがとう。なんだかんだいって三日間ずっといてくれたね…ホント、ありがとう

はぎーさん。いつもながら、「プロの仕事とはこうだ!」という姿勢を見せていただきました。配慮が至らず、数知れぬご迷惑をおかけしてすみませんでした…

しょうちゃん。しょうちゃんの「お手伝いパワー」すごすぎです。あと、さりげない気配り。本当に3日間頼りきりでした。ありがとうワークショップとか、今後もよろしく!

多木さん。受付周りから前説など。正直言って私はそのあたりのことにまったくと言っていいほど気を回せませんでしたそれを、トラブルもなく無事終了させることができたのは多木さんのおかげです。4月の舞台も、今まで言ってた「全力」がうそになるぐらい全力を注がせていただきます。よろしくお願いします。

たかこ。ちゃん。癒し差し入れとお手伝い、ホントありがとう!活力が出たよ!

サツコさん。魂こもった宣伝美術ありがとう。チラシ見て「気になった」とか、ひきつけられた人が結構いたようです!!

たっきー。ミシンを貸してくれたりなど、本当に助かったよ。2日目も癒しありがとう…☆あ、白衣も本当に助かりました!!

りさこさん。受付セット等、ありがとうございます!!「お手伝いになったらコンビニ病院・ひゃっきんの場所を知っておく」私も実践しようと思います!

かずみっちゃん。仕込み参戦、ありがとう!!男手の少ないなか、ガツガツ働いてくれたね。あの仕込みのおかげで、無事舞台を終了したよ。

hirokichi。なんだかんだで頼りっぱなしでした。ありがとう

Dewさん。ぎりぎりに大変なこと頼んですみません…あと、稽古の初期では大変お世話になりました。

 この他にも、私が把握していない範囲できっと沢山の力をもらって、終了することができました。

 お疲れ様でした。そして、本当にありがとうございました。今は、これだけを言うので精一杯です。

 

2006-11-08告知~☆

『フ ジ ツ ボ ホ イ ホ イ』。

誤植でもなんでもありません。これが、次回私が演出家として手懸ける芝居のタイトルです。

《story》

 隊長フジヤマ率いる日本フジツボ連合北海道7番隊は、遊泳の旅を終え終の棲家として、昆布採り漁船「よろこんぶ丸」への吸着を企んでいた。しかしその船を使って、新商品「フジツボホイホイ」のテスト設置が行われることになり…

 あの日言えなかったこと。でも言わなければならないこと。それらを、「究極の地味生物フジツボに託してお届けします。

☆日時☆11/25(土)14時~・19時~、11/26(日)14時~・18時~

☆会場☆横浜STスポット

チケット☆前売り・当日共に¥500

☆出演☆林檎さん、けるる~昭和さん、ヤスくん、YosiTaKa他。

スタッフ舞台監督:ねぎ、制作小林泰恵、制作補佐:RaiiShadowさん、楽曲提供:TTMさん、音響:かっぺ@眞鍋さん、照明:セキ、宣伝美術:市村サツコ           

お問い合わせはお気軽にtanuko89@hotmail.comまでm(__)m